1. TOP
  2. 【オイコノミア】副業の経済学!リスク分散に副業は必要か?

【オイコノミア】副業の経済学!リスク分散に副業は必要か?

2015/09/26 仕事・副業
この記事は約 5 分で読めます。 2,286 Views
オイコノミア副業

オイコノミア」という又吉さんがMCをやってる経済学視点の番組で、副業に関する回がありました。

昔であれば、本業1本で暮らしていけましたが、時代は変わり、本業だけでは生活するのが難しくなったように感じています。

もちろん無駄遣いせず・堅実に生活していけば、本業1本で問題ないでしょう。

しかし!、「家が欲しい」、「海外旅行に行きたい」、「毎日贅沢がしたい!」というように、人間の欲望は尽きることがありませんw

一方で、給料が伸び悩んでいる中で、日用品の価格は上がり、収税金の額も年々増えています。

このような状況から、副業をすることは当たり前なのかもしれません。そこで副業をする上で留意すべきことを紹介していきます。

 

副業は本業に支障をきたす?

 

副業を始める前に気になるのが、本業に支障をきたすかどうかということです。

まず法律的に、民間企業の従業員は副業が禁止されてるわけではないようです。ただし個別の会社の就業規則で副業を禁止しているところが多いようです。

ちなみに、会社勤めの方が多いと思いますが、会社には職務専念義務という制度があります。副業に専念し過ぎて、本業の仕事に支障をきたしてはいけないという義務ですね。

 

ブラックでも借りれる消費者金融

 

本業とは別に、週5日アルバイトしていた会社の従業員が解雇されたケースもあるようです。

ということで、副業と本業のバランスがとても大切になってきます。最近ではネットで家でできる仕事が増えている背景には、本当に空いた時間でできるのが理由かもしれませんね。

 

副業をしてみたい人の割合は?

 

番組で、約800人の方を対象に「副業をしてみたいか」という調査をしたところ、5人に1人はやってみたい!という結果になっていました。

 

・覆面調査員(ミステリーショッパー)
・フリーマーケット
・掃除
・犬の散歩
・週末農業
・モデルなど

 

普通に副業と言えば、アルバイトをするイメージでしたが、フリマ、覆面調査員、犬の散歩など、面白い副業が増えていると感じます。

一方で自宅での副業というと、昔のイメージでは家でコツコツ部品を組み立てるイメージがありましたが、今ではネットでHPを作ったり・相手の悩みを聞いたりとかなり変わってきました。

関連ページ⇒主婦でも未経験者でもできる!私も知らなかった副業バイト8選!

関連ページ⇒自宅でできる仕事(ネット副業)5選!おすすめの在宅ワーク!

 

副業をするうえで大切なこと

 

当たり前ですが、労働経済学が専門の安藤さんによると以下の4つの点が重要とのことです。

 

・何を
・なぜ
・いつ
・どこで

 

たとえば、このような例が挙げられます。

 

何を ⇒ コンビニでアルバイト
なぜ ⇒ お金がないから
いつ ⇒ 深夜の時間帯
どこで  ⇒ 吉祥寺

 

バリでの年収

 

この中で一番重要な事は「なぜ」という目的でした。経済学の観点から、目的がないと、副業にかける時間や労働力が無駄になるということでした。

ただし、目的なしに副業を始める人は少ないのでは?と感じます。一般的に生活費の足しにしたい、欲しい物があるなどの理由が多いと思います。

 

人生の中でリスク分散は大切?

 

一般的に、1つの事に集中した方がいいという人や、分散して物事を進めた方がいいという人に分かれると思います。

日本では、野球選手になりたかったらずっと野球をすると思います。

しかしアメリカでは、時期によってやるスポーツが変わり、1年と言うスパンで見ると、野球、サッカー、ラグビーというように分散しているようです。

ここで分散するメリットですが、初めは野球選手になりたかったものの・実は野球がすごく苦手、しかしサッカーをやってみたら周りから一目おかれる存在になったということも起こります。

つまり、最初から1つに絞るのは危険だと言う考え方ですね。

 

副業のリスク分散について

番組の中では、1つの仕事を極めることも大切ですが、その仕事に失敗した場合、リスクがあるというものでした。

もちろん失敗しても、1つの仕事を極めている間に身に着いた知識や経験は財産になると思いますが、その知識や経験を役立てる場を得ないと無駄になるという考え方でしょうか。

 

留年・浪人

 

たとえば1つの会社に勤めていて、会社からリストラされたり・会社が倒産する可能性もあります。

その会社で身につけたことがまったく役に立たなければ、再就職するのは困難です。その場合、別な新しい職場で1から知識・経験を積まないといけないことになります。

しかし副業で少しでも収入があった場合、その副業の収入を増やしたり・その副業を本業にするという選択肢があるということになります。

 

まとめ

 

個人的には、こんな副業もありますよ~という内容も期待していましたが、副業をやる目的やリスク分散について紹介されていました。

 

ちなみに、経済学の観点から見ると副業と言うのは投資にあたるようです。

 

なぜなら自分の時間や労働力をつぎ込むわけですから。

そう考えると、お金が欲しいと言う目的だけでなく、その副業をすることにより、どんな知識や経験が得られるのかということに焦点をあてて考えてみるのもいいかもしれませんね。

さらにいえば、副業で得た経験やスキルが、本業でも役立てばいう事はありませんが、リスク分散的には、本業とは別な知識やスキルを身につけるという選択肢もあります。

私も一度、副業について考えてみるいいきっかけになりました。

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

オイコノミア副業

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ソフトバンクショップ

    ソフトバンクショップの求人・募集!家近駅近の職場も!【全国対応】

  • 仕事のできる人

    仕事ができる人の5つの特徴とは?出世する人との違いは?

  • コールセンター

    コールセンターの時給は高い!離職率も高い理由とは?

  • お金が稼げる仕事

    資格が必要だけど将来稼げる!儲かる職業9選!

  • マルサ

    マルサ(国税局査察部)の仕事内容とは?【ダウンタウンなう】の感想

  • クラウドファンディング

    個人事業主の節税対策|翌年の税金を減らすためのポイント