1. TOP
  2. みずほ銀行ネットバンキングの魅力(宝くじ購入!マイレージクラブ)

みずほ銀行ネットバンキングの魅力(宝くじ購入!マイレージクラブ)

みずほ銀行のネットバンキング

みずほ銀行の口座を開設すると、口座から宝くじが購入することができます

店舗のATMでも宝くじを購入できまずが、ネット上で気軽に購入できるのが便利です。

もちろん有名な宝くじ売り場に足を運んでもいいのですが、当選した場合は自動的に口座に振り込まれるので、誰にもばれずに当選金を受け取ることができます。

もちろん宝くじ以外にも、口座を開設するメリットがあります。

高額当選したら?⇒TOTO BIGで6億円当たったら?当選した人のお金の使い道!

 

みずほ銀行で購入できる宝くじ

 

最近の楽天銀行やジャパンネット銀行などのネットバンクでも、ナンバーズや最高6億円くじ「BIG」を購入することができます。

ただし「BIG」に関しては滅多に当たらないですし、ナンバーズの当選金額を見ても、そこまで購入したいとは思いません。

そこで、みずほダイレクトのページから宝くじ商品案内を見ると、ジャンボ宝くじだけではなく、東京都宝くじや西日本宝くじなども購入できます。

その他にナンバーズも購入できますが、ロトに関してはまだ購入できないようです。

 

口座開設

さっそくみずほダイレクトを利用したいところですが、利用するにはみずほ銀行の口座が必要です。

みずほ銀行のHPから申し込もうとしたのですが、ネットから申し込むよりも店頭で申込みをした方が開設は早いです。

 

みずほ銀行で口座開設

 

みずほダイレクトの振込み手数料

 

当行同一支店宛

・振込み金額3万円未満⇒無料

・振込み金額3万円以上⇒無料

 

当行本支店宛

・振込み金額3万円未満⇒108円/1件

・振込み金額3万円以上⇒216円/1件

 

他行宛(電信扱い)

・振込み金額3万円未満⇒216円/1件

・振込み金額3万円以上⇒432円/1件

 

当行同一支店というのは、引き出し口座と振込先の口座が同じ支店という意味合いになので、このようなケースは滅多にないと思われます。

一般的には、当行本支店宛てか他行宛てで利用することと思います。

家賃等の振込み先がみずほ銀行なので、みずほ銀行の口座を作った人も多いのではないでしょうか。

 

ネットで振込み

 

家賃の場合は3万円以下と言うのは滅多にないと思いますから、216円かかりますが、許容範囲かもしれません。

他行宛ての場合であれば432円もかかりますので、他のネットバンクを利用した方がいいでしょう。

ネットバンクのまとめ⇒ネットバンクがおすすめ!利用するメリット・デメリットとは?

 

みずほマイレージクラブとは?

 

「みずほマイレージクラブ」と聞いて、「何かポイントが貯まる」のかな~?と思ったので調べてみました。基本的に、入会金・年会費無料の個人向けのサービスでした。

個人的には、みずほ銀行普通預金口座のICキャッシュカードに、クレジットカード機能をつけたマイレージクラブカードを作らないとマイレージクラブに入れないと思っていました。

しかし、クレジット機能のないICキャッシュカードでも問題はないようです。

ただし、マイレージとあるので、何かポイントが貯まるはずですw

そこで確認してみると、クレジットカードの付いたマイレージクラブカードでショッピングすることで、ポイントが貯まるというものでした。

 

みずほマイレージクラブカード

 

しかも永久不滅ポイントというものもありましたw

 

マイレージクラブの特典(手数料)

3つの条件というものがあり、そのうちの1つを満たせば、特典が適応になって手数料も安くなります。

 

当行同一支店宛

・振込み金額3万円未満⇒無料

・振込み金額3万円以上⇒無料

 

当行本支店宛

・振込み金額3万円未満⇒無料

・振込み金額3万円以上⇒無料

 

他行宛(電信扱い)

・振込み金額3万円未満⇒216円/1件(※)

・振込み金額3万円以上⇒432円/1件(※)

(※)他行宛に関しては、お取引状況によって、最大で4回/月まで無料になります。

マイレージクラブの特典を受けるためには、クレジットカード付のカードを作らないといけないと思っていましたが、口座からの引き落とし(公共料金や携帯・スマホ代)でも適応されるようです。

もしくは、月末に10万円以上の残高があれば適応されます。

 

まとめ

 

個人的に、みずほ銀行は宝くじの購入手段としての利用を考えています。他行宛ての振込みに関しては、これまで通りネットバンクを活用しようと思います。

ただし、みずほマイレージクラブをうまく活用することで、振込手数料が安くなるのも魅力的です。

その他、みずほ銀行ATMやイオン銀行ATMの時間外手数料が無料になったり、カード発行手数料が無料になったり、キャッシュカードの不正利用による損害を補償してくれる特典があります。

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

みずほ銀行のネットバンキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

おすすめの関連記事

  • ネットバンクのすすめ

    ネットバンクがおすすめ!利用するメリット・デメリットとは?

  • スルガ銀行の支店

    スルガ銀行のネットバンク支店がお得!ポイントやマイルも貯まる!

  • 住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行は使いやすい!ハイブリッド預金・手数料など

  • ジャパンネット銀行ATM

    ジャパンネット銀行のメリット|Tポイントとの相性が抜群!