1. TOP
  2. 無駄な出費を減らせ!交際費を節約する方法10選!

無駄な出費を減らせ!交際費を節約する方法10選!

2015/01/17 節約・貯金
この記事は約 7 分で読めます。 8,564 Views
交際費を節約

交際費というと、会社での付き合い・友人との付き合い・異性との付き合いなど、いろいろな意味合いがあります。

なんにせよ、振り返ってみると意外と交際費がかかってることってありませんか?

そこで交際費を節約する方法を10選お届けします!

幹事になってポイントを貯める!

 

あまり人数が多いとかなりの金額になってしまうため、少人数の時に使える技になります。たとえば4・5人で飲みに行くと、誰かがお金を集めてまとめて支払いするはずです。

だいたい1人3000円だったとします。5人の場合15000円になりますので、お金を集めて・自分のクレジットカードで支払いすることで、15000円分のポイントが貯まります

 

飲み会の幹事

 

クレジットカードの限度額にもよりますが、10万円くらいまでであれば、クレジットを利用した方がいいと思います。

もちろんもっと多めの金額でもクレジットを利用してもいいですが、カードをきっただけで、集めた現金が入ってきます。その結果、現金を無駄に使ってしまう可能性もあるからです。

ここで集めた現金を無駄に使ってしまうと節約にはなりませんので・・・

最近「クレジットカード現金化」という看板を見かけますが、この方法が「手数料がかからない!」・「ポイントも貯まる!」現金化と言っても過言ではないでしょうw

ポイントが貯まりやすいカード⇒楽天カードの申し込みで5000ポイント

 

メンズデー・レディースデーの活用

 

デートであれ・友達と行くのであれ、利用するお店・映画館が実施しているメンズデーやレディースデーを利用することで、かなりお得になります。

 

映画館

 

もちろんデートであれば、メンズデーかレディースデーの時に行って・合計金額を割り勘するという方法もあります。

最近は映画の料金が高いですよね?

そこでサービスデーを利用して、浮いた金額を飲食にまわしてもいいですし、ポップコーンやドリンクなどを映画のお供に購入する選択もあります。

 

上司や彼氏におごってもらう♪

 

やはりおごってもらうのが一番節約になります♪w 上司であれば、だいたい3回に1回はおごってくれるのではないでしょうか?

 

おごってもらう

 

私は給料の少ない会社に勤めていたため、上司におごってもらった記憶があまりないです・・・

「あっ!思い出しました!」

たしか、上司が700円のランチを食べたとします。それで1000円を出してくれるので、本当にたま~に300円おごってもらえる時がありました。あとはコーヒーとかですね・・・

また、彼氏におごってもらうって定番ですよね? ただし最近ではアルバイトで生計を立てている人が増えたため、逆に女性がおごるということも珍しくないようです。

こちらはお金がないから彼女ができない?というページの女子会が増えてる理由を見ると納得できます。

 

気乗りしない誘いはうまく断る

 

もちろん相手がおごってくれる場合は問題ありません。

しかし、「あの人と行くと、かなり食べたり飲むので出費が1000円増えてしまう!」、「あの誘いに行くと朝まで飲むことになるので出費がかさむ!」というケースを経験してる人も少なくないはず。

 

断る

 

もちろん、毎回誘いを断ってしまうとかどが立つので、3回に1回は行くという決断でいいと思います。まあでも、気分転換になるなら2回に1回の割合でもいいかも?

 

飲み会参加は一次回まで!

 

飲み会ですが、時間や集まったメンバーにもよりますが、一次会の次は二次会、そして三次会、最後に〆のラーメンという流れもよく見かけますし、経験していますw

なにげに三次会まで出ると、かなりの出費になってきます。さらに〆のラーメンを食べると太りますし、健康にもよくありませんw

もちろん好きな人がいる場合は、3次会まで出てチャンスを作るのもありですが、いつのものメンバーでマンネリ化している場合、乗り気ではない場合は一次会でさっさと切り上げましょう

 

終電を逃さずに!

 

東京や大阪では終電を逃すと、余計な出費が増えてしまいます。私も東京に住んでいた時、明日は仕事が忙しいので帰らないと!と思ってタクシーに乗りました。

 

タクシー

 

結果!6000円の出費ですw 給料の少ないサラリーマンにとっては致命的な出費でした。

わたしの周りでは、始発までマンガ喫茶で過ごすという人も少なくありませんでした。そこで私もマンガ喫茶に朝までいたところ、1500円かかりました。

6000円と比べると安いですが、出費は出費ですので、終電を逃さずに帰りたいところです。

 

ネットでお得なクーポンを探す!

 

最近はネット上でお得なクーポン券をよく見かけます。たとえばグルナビ!あそこのお店でこのクーポンを見せると10%引きとあります。

これから行くお店が決まっている場合でも、必ず割引情報があるかどうかチェックしましょう!

数人の合計で14000円だったとします。10%引きの金額は12600円になります。

5人で14000円の場合は1人あたり2800円ですが、10%引きで1人あたり2520円ということになります。

つまり1人あたり280円の節約になります♪

 

たまにはお金をかけないデートを!

 

デートというとお金がかかる!というイメージがありますが、たまにはお金をかけないデートをおすすめします。代表的なものといえば、おうちデートですよね?

 

おうちデート

 

DVDを見たり、○○○したり、食事を一緒に作ったりと、たまにはのんびりと過ごすのもいいのではないでしょうか?

近くの見晴らしのいい公園やくつろげる場所に行って、作ってきたお弁当を食べて・・・というのもいいでしょう。

 

食事に行くならランチタイムに!

 

昼と夜の時間に営業しているお店ですが、もちろん夜の方が値段が高くなっています。もちろん料理の品数も増え、お酒などもありますので値段は高くなってきます。

しかしランチに目を向けてみると、かなりお得なことが分かります。

 

ランチタイム

 

夜になると1200円になるメニューが、ランチタイムでは800円に。しかしサラダ・ドリンク・デザートもついて!というお店もよく見かけます。

そして夜は、彼氏、彼女の手料理を食べるというのもいいですね。

 

カラオケは昼間に!

 

言うまでもなく、夜よりも昼の時間帯の方が安く利用できます。カラオケもそうですが、できるだけ安い時間帯に利用したいものですね。

 

カラオケ

 

ちなみにカラオケですが、大きい声を出すことで、ストレス発散にも効果的です。

よくストレスがたまると、男性であれば○○○、女性はショッピングでお金を使うと言われています。定期的にストレスを発散させることも節約のカギとなります。

 

まとめ

 

ここまで、交際費の節約術を見てきました。どれを見ても気軽に実践できるものばかりですので、ぜひ明日からでも実行に移してくださいね。

また上手に断るのが難しいと感じている人がいるかもしれません。

断り方ですが、「○○という予定があるので・・・」という断り方や、「今月は金欠で・・・」という直接的な言い方、「今日は体調がよくないので・・・」という言い方などさまざまなものがあります。

節約のためだけに言うのではなく、人間関係の中であまり気の乗らないことはきっぱり断ることは重要です。そうでないと苦痛に感じるだけで、ストレスも溜まってしまいます。

また、楽しくなさそうにしてると、「あの人なんで来たの?」という雰囲気にもなりかねませんので、しっかり自分の意見を伝えることも大切です。

今回は節約について紹介しましたが、お金を貯蓄・積み立てることも大切です。お金を無駄に使ってしまう人は保険の積立を利用するといいでしょう⇒保険のビュッフェで無料相談

家計の節約術

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

交際費を節約

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • スマホの通信費を節約

    スマホの通信費を節約!公衆WiFi(空港・スタバ等)の活用!

  • お金を貯めるには

    お金を貯めるには?お金が貯まらない夫婦の特徴7選から学べ!

  • シスポで商品券

    レシポのアプリ|スーパーやコンビニで商品券がもらえる!?

  • 相続における節税のポイント

    【生前に対策!】相続税・贈与税における節税のポイント10選!

  • 賢いお金の使い方

    賢いお金の使い方|良いスーパーの選び方・良い医者とは?

  • 老後の資金

    老後の資金を作るために今からできる5つのこととは?