1. TOP
  2. 結婚で保険の見直しは必要?女性の視点から見るポイント

結婚で保険の見直しは必要?女性の視点から見るポイント

2016/06/30 年金・保険
この記事は約 5 分で読めます。 147 Views
結婚で保険を見直し

結婚後、独身時代に加入した保険をそのままにしておくのは、かなりもったいないかもしれません。

中には、結婚後に見直しをした方がいいケースもあります。

では、独身時代と比べて、結婚後に検討したほうがいい保険とは、どのようなものなのでしょうか?

保険のビュッフェの体験談|本当に必要な保険はどれ?

 

夫が厚生年金に加入している場合

 

結婚後に専業主婦になる場合、夫が厚生年金に加入していてば、独身時代に加入していた厚生年金保険の保険料を支払う必要がなくなります。

 

専業主婦保険の見直し

 

自身が厚生年金に加入しているうちは、厚生年金と国民年金保険の保険料は自動的に給料から天引きされますが、結婚後に専業主婦になることで、国民年金の保険料のみを納付することになります。

 

ただし第三号被保険者になることで、実際に保険料を払わなくても、支払ったのと同じ権利が得られます。

 

結婚後に保険が必要になるケース

 

結婚した場合の変化に合わせて、どんな保険が必要になるのか、いくつか紹介します。

・専業主婦の場合、今まで払っていた年金の保険料を支払わなくて済む分、ご自身の受け取れる年金額が減ってしまいます

現在、離婚する夫婦の割合は全体の3割にのぼるので、対策が必要かもしれません。

離婚後、シングルマザーに必要な保険の選び方とは?

 

専業主婦になる場合は、離婚したときのことも考えて、個人年金保険を検討するのも1つの手です。

 

 

・独身時代と比べ、夫の病気などについても考えておかなければいけません。夫が病気で入院した場合、夫婦の生活がたちゆかなくなってしまう場合もあります。

 

夫の医療保険も考えて、保険の見直しをする必要があります。

 

・夫が亡くなったときのことも想定する必要があります。なぜなら、突然夫が亡くなった場合、お葬式代やお墓代、夫の地域の風習によって異なりますが、数100万はかかると言われています。

葬儀費用にお金がかかるばかりではなく、夫が亡くなった後の生活費もかかります。医療保障だけでなく、死亡保障のある保険に入っておいた方が得策です。

ご家族必見!終身保険の必要性から分かる学資保険との2つの違い

 

30代~40代にかかりやすい女性特有の病気もあるので、それらに特化した保険も検討しましょう。

30代・40代・50代に必要な保険の選び方|年代別の比較

 

結婚後に加入したい保険

 

独身時代は自分の生活のことを心配していれば良かったのですが、結婚後は夫のことも考えて保険に加入する必要があります。

 

個人年金保険は、積み立てで簡単に始めることができ、途中で解約して一時金をもらうことも可能です。

 

現在、高齢者の世帯1世帯あたりの平均所得は、一か月あたり25.8万円ほどです。

貯蓄がたくさんあると思っていても、物価が上がることで貯蓄額が目減りする場合が多いので、老後の生活が苦しくなるかもしれません。

個人年金保険に加入して、公的年金にプラスαでもらっておくと、老後に安心して生活できるでしょう。

 

公的保険である医療保険に入っていても、一度入院すると10万~15万は必要になると言われています。

 

自分や夫が病気になった場合ことも考えて、入院したときにお金がもらえる保険に加入する必要があります。

 

 

予測していない出費は、家計に大きく響きますし、預貯金が少ないと、病院に払う費用も苦しくなります。入院した場合には、一日5千円以上の支払いが行われる医療保険に入っておきましょう。

万が一夫が亡くなった場合、お葬式代も馬鹿になりません。いろいろな費用を合わせると600万は必要になると言われていますから、万が一に備えておくべきです。

 

夫が亡くなった場合、専業主婦だと、再就職するまでの生活費のことも考えなければいけません。

 

死亡保障で1500万ほどのものを検討したほうがいいかもしれません。結婚後も働き続ける方でも、1000万ほどの保証がある保険に加入すると、最低限の生活を保障してくれます。

 

結婚後に必要な保険

 

最近では、「女性保険」もたくさんあります。女性特有の病気のフォローをしてくれる保険なので、検討してみましょう。

平成26年度の厚生労働省の調査では、子宮筋腫は30代から、乳がんは40代からリスクが高まります

自分が病気になったときのことも考えておくと、病気のためにかかる費用や、働けなくなった場合の収入の低下にも備えることができます。

 

⇒あなたに必要な保険を見つける

 

まとめ

 

独身時代には自分の心配だけをして保険の加入をしていた方も、結婚後は夫のことも考えた保険に新たに加入したほうがいいでしょう

公的年金保険で支給される年金額に加えて、個人年金保険の加入をすると、老後の生活を安心して送ることができるかもしれません。

保険のマニュアル

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

結婚で保険を見直し

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自動車保険が安い

    自動車保険をできるだけ安い金額にする裏ワザ4選!

  • 掛け捨てと積み立ての違い

    生命保険の加入前に掛け捨て・積み立ての違いを把握すべし!

  • 一時払い終身保険

    一時払い終身保険のまとめ!加入するメリットとリスクとは

  • 学資保険の必要性

    学資保険の必要性|加入するメリット・デメリットとは?

  • 年金が半分に

    年金運用の損失は約9兆円!将来もらえる年金が半分以下に?

  • 個人事業主保険

    個人事業主に必要な保険に入ってますか?老後の生活に備える!