1. TOP
  2. 人脈作り・人脈を広げるにあたって注意すべき7つのNG行為とは?

人脈作り・人脈を広げるにあたって注意すべき7つのNG行為とは?

2015/06/13 仕事・副業
 
人脈作り

同じ趣味を持つメンバーを集めたり、ビジネスの幅を広げたりと、人脈作りをしている人も多いのではないでしょうか。

そのため、異業種交流会などのイベントも珍しくはありません。

最近では、フェイスブック等のSNSで、気軽に同じ目的をもつメンバーを集めやすくなってきたと感じています。

「ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣」という本を最近読んだのですが、その中で人脈を広げる際にやってはいけない7つのNG行為がありましたので紹介します。

 

相手の大切な時間を奪う

 

少し人脈作りとは異なる内容になりますが、訪問販売を例に挙げたいと思います。訪問販売って、確認せずにうっかりドアを開けてしまうと、いきなり営業トークが始まります。

ドアを開ける前であれば「結構です!」ときっぱり断れる人でも、対面になるときっぱり断れない人もいるようです。

 

相手の大切な時間を奪う

 

最近では訪問販売は少なくなったとはいえ、NHKなどの取り立てで訪問される人もまだまだ多い状況です。

関連ページ⇒TVを見なくても集金に来るNHK受信料の断り方・解約手続きとは?

私も何度も「TV持ってないんで」と言ってNHKの人は帰って行ったのですが、3ヵ月おきにやってきますw

しかも一番新しい記憶では、夜の21時頃にやってきましたw

忙しい時間帯にそういう受け答えをしたり、今やってることを中断されるとイラッとしますよね?

もちろん知り合いであったり、大事な要件であれば仕方ないですが・・・

このように、いくら人脈を作ると言っても、相手の時間を奪ってはいけません

ちなみに「ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣」によると、ビジネスクラスの人が、ファーストクラスの人にあいさつにいく例が挙げられていました。

ファーストクラス同士の人で、たまに挨拶される人はいるようですが、ビジネス・エコノミーの人が人脈を作る目的であいさつに行くのはNGです。

なぜなら、ファーストクラスでゆっくりくつろいでいる相手の時間を奪ってしまうことになるからです。

 

挨拶も名刺交換もなしで話を進める

 

日本のサラリーマンの特徴として、まず初めに名刺交換や挨拶から始まりますよね? 私もサラリーマンだったこともあるので、この習慣が身についていますw

 

名刺交換

 

しかし、道を歩いていると、自分の名を名乗らずに話しかけてくる人も少なくないようです。道を聞くのはしょうがないですが、何か目的があったり・浮浪者の可能性もあります。

もちろん何度か会ったことがある人は問題ありませんが、初対面であれば、自分を売りたい気持ちを抑えて、まずは自己紹介する必要があります。

最近ではフェイスブックでも、挨拶もなしに友達申請してくる人もいます。1度でも会ったことがあればいいのですが、挨拶がない人からは申請は承認したくないですよね?

 

初対面でビジネスの話をする

 

確かに、会ったばかりの人からビジネスの話を聞いたら、その話が本当なのかどうか疑ってしまいますよね?

私も仕事の内容よりも、その人がどういう人なのか気になる方です。たとえば、その人からは真面目な印象を受けるのに、ギャンブル等で借金まみれであったら信用できないですよね?

 

話の結論を喋る

 

ですので、人脈を作ったり・広げる際は、相手の警戒感をとくために、まずは趣味など相手の興味あることに焦点を当てるのもいいかもしれませんね。

 

どのような方法なら自分も成功できるのか?

 

私はこの一文を読んでよく意味が分からなかったですが、漠然とした質問はよくないということでしょうか?

一般的に成功者と会うと、「自分も同じように成功したい!」と思うのが一般的かもしれません。そこで、表題のような質問をしたくなります。

 

初対面でいきなり質問

 

よく成功者の方で、「なんでも聞いてくれ!」という人もいるので、この質問の意味が分かりません。

しかし、本を読み返してみると、あんまりガツガツした態度や押しの強さはよくないと書かれていましたw 確かに相手によっては控えめに接した方がいいかもしれません。

 

雰囲気の悪い場所で会う

 

これは書くまでもないのでは?と思ってしまいましたw 好き好んで雰囲気の悪い場所を選ぶ人はいないと思いますが・・・

基本的に、今の日本であれば、そこまで雰囲気の悪い場所を探す方が大変なような気がします。

 

相手がフレンドリーで勘違いしてしまう

 

初対面で人と話すとき、話しやすさに関して距離が近い人・遠い人がいます。特に相手がフレンドリーの場合、親しくなったと勘違いしてしまう人もいるそうです。

 

相手がフレンドリー

 

そこで、初対面なのに失礼なことを話してしまう人もいるようです。相手がフレンドリーでも、初対面は言葉を選んで話をしたいところですね。

 

あいまいな表現を使う

 

あいまいな表現で言うと、年齢はだいたい30代半ばで、もう少しで40歳になるといった言い回しでしょうか。

年齢は例外かもしれませんが、質問したことにあいまいな表現で返事が返ってくると、あまり良い気はしないですよね?

ですので、言える範囲で正確で・嘘をつかずに関係を気づきたいですね。

 

まとめ

 

上記の7点が、人脈を作る・広げる上で重要になってくるそうです。もちろん、相手によっては問題ないこともありますが、一般的には気を付けた方がよさそうです。

このさじ加減ですが、やはり多くの人と出会って・話すことで身についていきます。

話すのが苦手な方でも、いろんな人と出会うことで、徐々に苦手意識が無くなっていくかもしれません。また上記のことを意識し過ぎて・控えめになるのもよくありません。

なにごともバランス感覚が重要ですので、あまり臆することなく人脈を作り進めて・人脈を広げていきましょう。

お金で損をしたくない人はコチラもおすすめ!

成功者が実践している相手の緊張をほぐす方法7選!交渉や商談に!

仕事・副業

成功者が実践している相手の緊張をほぐす方法7選!交渉や商談に!

私生活はもちろん、学校や職場・その他の集まりで、緊張しやすい人も多いようです。 ただし、初対面の人と会う度に緊張していたら、神経がすり減って、疲れてしまいませんか? 世間一般的に成功している人というのは、相手の緊張をほぐしてあげることが得意なのかな~?と感じることがよくあります。...

職場の人間関係がうまくいく6つの考え方!

仕事・副業

職場の人間関係がうまくいく6つの考え方!

いくら仕事の能力が高くても、職場での人間関係が良好でないと、仕事がうまくいかないこともあります。 逆に仕事がそこまでできなくても、人間関係がうまくいっていれば、ミスをしても助けてくれる人がいるかもしれません。 もちろん、職場だけでなく、家族や友人との関係も同様です。 そこで、人間...

人生の目標を達成するには?目標設定に大切な5つの事とは?

その他

人生の目標を達成するには?目標設定に大切な5つの事とは?

目標と言うと、短期的なものから長期的なものまであります。 短期的とは2週間や1ヵ月先の目標を指し、中期的というと1年~3年、5年以上が長期的な目標になると思います。 人生で言うと、40歳にはこうなっていたい!というものでしょうか。 ただし長期的な目標ですが、現在18歳で「40歳に...

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

人脈作り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

おすすめの関連記事

  • 結婚できない

    結婚できない女性の特徴!結婚したいなら夢・仕事を捨てるべき?

  • 謝罪代行サービス

    1件25,000円の謝罪代行サービスとは?トラブルをお金で解決!

  • 個人事業主から法人化

    個人事業主から法人化するメリット・デメリットとは?

  • 見返りを求めない

    成功者は見返りを求めない?世の中の仕組みはギブアンドテイク!

  • 職場の人間関係

    職場の人間関係がうまくいく6つの考え方!

  • タイムチケット

    空き時間を活用してお金を稼げるタイムチケットとは?