1. TOP
  2. 保険のビュッフェの体験談|本当に必要な保険はどれ?

保険のビュッフェの体験談|本当に必要な保険はどれ?

2016/10/06 年金・保険 節約・貯金
この記事は約 9 分で読めます。 200,914 Views
保険のビュッフェ

年齢や家族構成、ライフスタイルによって必要な保険は異なります。

一人暮らしであれば医療保険、子供ができたら学資保険や生命保険が必要になってきますよね?

もちろんリスクに備えるだけでなく、保険で貯蓄をしている人もいます。

私も保険が必要な年齢になってきたので、保険のビュッフェを利用して、自分が本当に必要な保険は何なのか?相談してみました。

 

保険のビュッフェとは

 

保険のビュッフェは、中立的な立場で保険の相談にのってくれるサービスです。

いろんな会社の保険を比較した上で、今のあなたのライフスタイルに最適な保険を提案してくれます。

 

保険のビュッフェとは

 

しかも今なら、5,000円分のJCB商品券がもらえます。

⇒自分に必要な保険を確認したい

 

保険のビュッフェの体験談

 

自宅でも良かったのですが、家から車で10分ほどで行けるスターバックスにしました。

 

スターバックス

 

先方は先に着いており、まず初めに保険の基本から話を聞くことにしました。

 

相談した保険の種類

 

そもそも保険と聞くと、たくさん種類があってよく分からないですよね?

 

保険員が言うには、大きく分けると医療保険、生命保険、収入保障保険、個人年金の4種類になるそうです。

 

医療保険

どの会社を選んでも、基本的な部分は以下の3つで、内容もあまり変わらないようです。

 

病院・ケガの入院 ⇒ 1日いくらもらえるのか

手術(手術給付金) ⇒ 1回につきいくらもらえるのか

先進医療(給付金) ⇒ 先進医療にかかる技術と同額

 

ただし、会社によっては、入院した時にもらえる一時金の金額が異なります。月々の支払いが数100円の違いであれば、一時金が多くもらえる会社を選んだ方がいいでしょう。

 

医療保険の内容

 

今回紹介されたのがオリックスの新CURE朝日生命の医療保険でした。朝日生命の方は、日帰り入院でも最高15万円もらえるプランがありました。

また医療保険は基本的に掛け捨てで、必ず入っておいた方がいい保険だと言われました。

私はメットライフ生命の医療保険を10年払いにしてしまいましたが、基本は毎月払いの方がいいようです。

 

なぜならその都度内容を変えることができるからです。

 

ちなみにがんにかかる割合ですが、昔は3人に1人と言われていましたが、最近では2人に1人という割合になっているようです。

 

学資保険

知り合いから学資保険について聞いておいて!と言われていたので、次に学資保険の話をしました。

事前に調べたところ、高校卒業時などにお祝い金がもらえたり、子供が大学に入学する前に学資保険で貯めたお金を利用するといったイメージでした。

 

学資保険

 

だいたいその通りですが、10年から15年間以上払い込む必要があります

なぜなら返戻率がプラスになるからです。つまり、10年間で200万円の資金を学資保険で貯めたとします。

保険会社によって年数は異なりますが、10年未満だと200万円を割り込むことがありますが、10年~15年以上積み立てることで、返戻率が103%、104%、105%等になるのです。

つまり203万円、204万円、205万円となります。

ただし学資保険を利用した場合、途中で解約すると元本を割り込むことがあるので、保険員からは柔軟性のある保険を提案されました。

 

終身保険

学資保険の代わりに勧められたのがオリックスの終身保険RIZEでした。簡単に言うと、貯蓄性のある死亡保険といったところです。

 

親が万が一の事態になった時の対応だけでなく、教育資金まで積み立てることができます。

 

使い道は教育資金だけでなく、子供の結婚資金にしたりと、自由に使うことができます

ですので、子供が現在9歳なので学資保険に入っておけばよかった!という人でも、こちらの保険であれば死亡保障が付いてるので安心かもしれません。

 

保険のビュッフェ

 

保険自体も子供に引き継ぐことができるようです。

※ただし払込期間によっては、大学の費用作りには間に合わないので、ご家庭のケースを相談員と話し合って確認する必要があります。

子供が2人いるから2人分申し込むというよりは、子ども1人につき1契約するといったイメージです。

 

収入保障保険

最後にサクッと聞いたのが、収入保障保険です。こちらもオリックスでキープという商品を案内されました。ただし現状は必要ないかなと感じました。

会社員等であれば、厚生年金や労災等に加入していると思うので大丈夫ですが、自営業の場合はご自身が入院すると収入が途絶える人も少なくないと思います。

そういう方は検討してもいいかもしれません。

 

保険のビュッフェの無料相談

 

今回は保険のビュッフェを利用して、主に医療保険、学資保険、終身保険の内容を聞きましたが、とても分かりやすかったです。

一般的に多くの保険に加入すると支払い金額も大きくなってしまいます。

そこで保険のビュッフェは、本当に必要な保険を選んだり・見直すのに最適でした。もちろん、私みたいに現状で必要な保険はどれか聞くのに利用するのもいいでしょう。

毎月の保険金額を大幅に削減できた人もいるようです。

 

保険の見直し

 

人生何があるのか分かりませんので、最低限の保険には加入しておいた方がよさそうです。加入したい保険があれば、納得できるまで話を聞けるチャンスです。

また無料相談でもらえるJCBの商品券ですが、こちらは相談してから2ヵ月後に送付されます。

 

JCBギフト券

 

⇒納得するまで無料で何度も保険の相談をしたい

・保険のビュッフェ 店舗について
保険のビュッフェは、無店舗。利便性を追求した出張型の保険相談サービスです。
※一部地域は、FP事務所での相談が可能です。

 

基本的な保険の内容

 

保険のビュッフェを利用する前に、各保険の理解を深めておくことで、知りたい事・聞きたい事が整理されると思います。

そこで主な保険の内容を紹介しておきます。

 

医療保険

医療保険は、万が一の入院や手術にかかる費用を抑える為の保険です。国民健康保険でも対応できる部分もありますが、長期入院など、多額の費用がかかる際に役立ちます。

掛け捨てにすれば毎月の負担も少ないので、加入しておいた方が得策です。

メットライフ生命のFlexi、オリックス生命の新CURE、三井住友海上あいおい生命の新医療保険A(エース)などがあります。

 

学資保険

学資保険は、子供の教育資金を準備するための貯蓄機能、家族の大黒柱の死亡に備える保障機を備えた保険です。

 

学資保険の目的

 

学資保険と言うと教育費の積み立てがメインですが、死亡保障を付けることができます。ただしその分、返戻金が低くなるのが一般的です。

ここで、積み立て目的であれば、金融機関にお金を預けるという選択肢もあるのですが、低金利なので、学資保険を利用した方が返戻金が高くなります。

また預貯金の利子には20%ほど源泉徴収されますが、学資保険の受け取り方次第では税金がかからないケースもあります。

主な学資保険として、ソニー生命の学資保険、アフラックの夢みるこどもの学資保険、日本生命のニッセイ学資保険などがあります。

 

終身保険

生涯にわたって保障される保険のため、保険料は少し高めに設定されています。掛け捨てというよりも、積み立ての意味合いが強い保険です。

 

積み立て以外にも、死亡保障を兼ね備えた保険とお考えください。

 

人気が高い終身保険として「低解約返戻金タイプ」があります。保険料払込中に解約した場合の返戻金は低く設定されますが、支払う保険料は割安となります。

もちろん設定した期間が来ると、支払った金額を下回ることはありません。

最近では、学資保険やがん保険の代わりに、終身保険を利用する人もいいます

終身保険の目的

終身保険>学資保険

払った保険金に数%上乗せされて解約返戻金として戻ってくるので、大学進学など、まとまった資金が必要な時にあわせて契約年数を設定するのがよさそうです。

終身保険>がん保険

終身保険には三大疾病の保険料免除が付いているケースがほとんどです。保険会社は限られますが、三大疾病で一定の状態になった場合、それ以降の払い込みが免除されます。

主な終身保険として、ソニー生命のバリアブルライフ(終身型)、オリックス生命のRISE、アフラックのWAYSなどがあります。

 

収入保障保険

収入保障保険は、たとえば子供が小さい時に、夫が死亡してしまった場合の収入減に備える為の保険です。

加入時の保障は高いものの、満期に近づくにつれて保障は低くなります。子供が働ける年齢に近づくにつれて保障が低くなるのは理にかなっているかもしれませんね。

支払う保険料は割安ですが、更新できないので注意が必要です。

オリックス生命のKeep、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の家族のお守り、チューリッヒ生命の収入保障保険プレミアムなどの商品があります。

 

どの保険に加入した方がいいのか?

 

上記で紹介した保険以外にも、がん保険や介護保険、所得補償保険、共済などがあります。ただし、どれもこれも入ってしまうと、月の費用がかさんでしまいます。

 

貯蓄で対処できる部分に関しては保険に入る必要はありません。

 

貯金で対応できる部分も

 

つまり不測の事態、現状では対処できない事態に備えるのが保険です。万が一の長期入院、家族の大黒柱の死亡などが挙げられます。

その他には、金融機関に預けるよりも金利のいい保険で積み立てするという利用方法もあります。

現状で必要な保険を整理するという意味でも、保険のプロに相談するのが、本当に必要な保険を見つける近道になると思います。今ならJCBの5,000円分の商品券がもらえます。

⇒あなたの生活に役立つ保険を見つけたい

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

保険のビュッフェ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメント

  1. chino より:

    3年ほど前に第1子出産を期にネットから申し込みをして利用しました。
    その時は幾つかの比較会社にお願いしてこちらのみが対応エリア内だったためお願いし、主人と私の医療保険と子供の学資代わりの貯蓄型に加入しました。
    この際若い担当さんが来てその時はとても感じが良く契約まではスムーズにいったのですが、契約書の処理などを放置していたらしく、誕生日の1ヶ月以上前にサインしたものが誕生日後の契約になり保険料が上がってしまいました。
    当たった方が悪かったのかも知れませんが自分の事しか考えていない様に感じました。その後も色々あり保険は解約しました。

  2. saori より:

    インターネットの広告から保険のビュッフェを最近利用しました。現在加入している某保険会社の生命保険や医療保険の内容の見直しも含めて、他の保険会社も検討したかったからです。
    すぐにプランナー様よりご連絡があり、お会いすることに。やはり何社も保険を扱っているだけあり、各保険会社のメリットデメリットを明確に教えてくれます。
    保険会社の営業さんではその会社の保険しかもちろん扱えないので、どうしても比較できませんし、かといって何社も営業さんの話を聞くというのはとても時間がもったいないでいですよね。
    保険のビュッフェを選んでよかったです。

  3. mute より:

    最寄りの駅近くでの相談をお願いいたしました。保険の見直しではなく加入の相談だったので、当方の知識不足にもひとつひとつ丁寧に相談に乗っていただけました。
    また、やみくもに保険を勧めるのではなく、「これは今は必要ない」「ここまでお金をかけなくてもいい」など取捨選択をして無理のないお支払いプランを親身になって考えてくださったことに好感が持てました。
    保険のセールスというより、ライフプランの相談といった形でお話ができたので、今後もお願いしたいと感じました。

  4. aiai より:

    利用したこともなく、保険について詳しい知識もありませでしたが、保険のことについて知識のない私にわかりやすいように、保険の仕組みや基本知識から丁寧に教えていただけました。
    相談に乗ってくれたプランナーの方は明るい雰囲気の女性で、とても質問もしやすく、お話していて楽しかったです。
    もっと具体的な質問がないと相談できないのかな?と思っていましたが、保険を選ぶ基準など、基本的なことを教えてくださったので、この経験を生かして、保険を選んでいこうと思いました。

  5. chizu より:

    自分は30代の会社員です。保険の見直しのために、保険のビュッフェを利用しました。
    第一に感じたことは客側がもっとも納得のいくような提案をしてくださることです。言い換えれば、利益主義のような印象をまったく受けませんでした。
    担当してくださった方もFP歴10年以上の方で非常に安心感が持てました。話も自分がまったく知らないような
    保険のことを多く教えていただき、勉強になりました。おかげさまで保険のプランを納得したプランに変更できました。

  6. 佐藤 より:

    子どもが生まれるのを機に、わが家の保険を見直そうと思い、保険のビュッフェを利用しました。
    これまでは、私が独身時代からかけていた終身の生命保険だけだったのですが、FPさんに家計診断をしてもらい、具体的な数字を把握した上で、自分たちのニーズに合った保険を紹介してもらうことができました。
    無理な勧誘もなく、保険の種類や内容についても丁寧に説明してくれたので、これまで複雑すぎてわからなかった保険の疑問が解決されました。プロに相談してよかったです。

  7. ユミコ より:

    インターネットから日程と時間の予約を取る事が出来ました。家族の医療保険、死亡保険の見直しと子供達の学資保険を検討中でした。
    当日は保険の種類や仕組みから丁寧に説明くださり、分からないことは何度も説明くださいました。
    こちらの希望を踏まえた上で幾つかの保険を提案してもらい、その日のうちに契約は決めず後日家族と話し合い納得した上で、契約をする事が出来ました。
    今まで幾つかの保険相談を行いましたが、実際契約する所までには至らずにいたので、今回保険のビュッフェで契約が出来た事は大変良かったです。

  8. お茶 より:

    保険のビュッフェで生命保険の見直しをしてもらいました。まず、自宅まで来ていただけ
    てとても便利なシステムだと思いました。
    ファイナンシャルプランナーの方から今加入している保険の良いところと悪いところを説明してくださったあと、私の希望するような保険を提示してくれてわかりやすく解説してくれました。
    保険の強引な押し売りなどもせず、提案だけしてくれて決めるのは私に任せてくれる感じでした。おかげで最適な生命保険に乗り換えられました。利用して良かったです。

  9. 末吉 より:

    私の加入している生命保険の料金がちょっと高いと思っていたのでほかに安くて保証も充実している保険がないかなと思いました。
    ただ、自分で保険を調べても複雑でわかりにくかったので困りました。
    そんな時に保険のことを相談できる保険のビュッフェを知り、無料相談できるということで利用しました。家の近くまで来てくれて大変助かりました。
    そして保険料について各社のものを比較検討してわかりやすく教えていただきました。
    最終的には特にお勧めしてくれた保険に加入でき、約3000円ほど月額料金が安い保険に加入できました。とても良いサービスだなと思います。

コメントを残す

*


*

関連記事

  • 収入保障保険

    収入保障保険はおすすめ?メリット・デメリットをチェック!

  • 簡単家計簿アプリ

    家計簿無料アプリならDr.Wallet!レシートで写メを撮るだけ

  • 共済と保険の違い

    共済と保険の違い|加入するならどっちがおすすめ?

  • 明治安田生命の学資保険

    明治安田生命の学資保険の口コミ|5年ごとの支払いが特徴

  • 交際費を節約

    無駄な出費を減らせ!交際費を節約する方法10選!

  • 就業不能保険の必要性

    就業不能保険の必要性と比較|会社員より自営業者に最適な保険