1. TOP
  2. 不動産投資物件を探すのに役立つ不動産情報サイト3選!

不動産投資物件を探すのに役立つ不動産情報サイト3選!

2015/05/27 投資
この記事は約 6 分で読めます。 432 Views
投資用不動産

オリンピック後の不動産価格の下落が心配ではありますが、日本の富裕層の収入源の割合を見ると、まだまだ不動産や株などの資産が多いことが分かります。

もちろん今の時代、新築でマンションを建てたりすれば、赤字になるケースも見られます。

そこで、相場より安い中古物件を購入してリフォーム、その後は賃貸物件にしてもいいですし、売却差益を狙うのもありだと思います。

今回は投資物件はもちろん、マイホームを探してる方にも参考になる不動産情報サイトを紹介していきたいと思います。

 

楽待(らくまち)

 

投資用不動産情報サイト

出典:収益物件数No1|国内最大の不動産投資サイト楽待(らくまち)

 

ホームページを見ると分かりますが、投資用不動産(収益物件)の情報を、ご希望の地域から探すことができます。

また右側には1棟アパート、1棟マンション、区分マンションなど、サイトに登録されている物件数が把握できます。

どのサイトでも同じ割合になると思いますが、現時点では区分マンションの数は18,849件、1棟アパートが9,707件と、圧倒的に区分マンションの数が多くなっています。

もちろん大きく稼ぐには1棟購入するのが一般的ですが、区分マンションから始める初心者の人も少なくないようです。

また各物件情報には、ほとんど利回り情報が掲載されていますので参考になります。

「楽待」以外にも「健美家」というサイトがあります。どちらも不動産投資を検討している人には参考になるサイトだと思います。

 

SUUMO(スーモ)

 

不動産情報スーモ

出典:SUUMO(スーモ)

 

最近では、賃貸物件を探す際にスーモを利用してる人も多いのではないでしょうか?上記で投資用物件の参考サイトを紹介しましたが、ただ利回りだけを知っても意味がないと思います。

やはりその地域の相場を知ることが大切です。

そう考えると、やはり自分の詳しい地域で不動産投資をするのも1つの選択です。もちろん需要のない地域では赤字になってしまいますが・・・

そこで、投資を考えてる地域を徹底的に調べることが重要です。スーモやその他の賃貸サイトで相場観を掴むのもいいですし、地元の不動産屋を周るのもいいでしょう。

徹底的に情報収集をしておかないと、購入してから後悔することになりますので。

 

レントロールの確認

レントロールとは、入居者に関する情報一覧になります。

区分所有マンションでも確認しておきたい情報ですが、1棟アパートやマンションを購入する際には、ぜひ確認しておきたい情報になります。

 

家賃の確認

家賃は一律だと言いたい所ですが、繁忙期を逃してしまい、空室が出たとします。大家の立場に立つと、空室にしておくよりも、賃料を少し安くしてでも入居者を入れたいですよね?

つまり、一律家賃5万円のアパートでも、何部屋か45,000円だったり、47,000円であったりすることもあります。

また、昔から住んでいる人の家賃が高く、近年引っ越してきた人の家賃が低くなっている場合は、その地域の相場が下がっている可能性もあります。

 

入居時期

物件の所有者からすると、できるだけ長く住んで・家賃を払ってもらいたいものですw一般的には2年契約・更新になっていますので、更新する人やしない人に分かれます。

例えば、入居した時期がほとんど一緒の場合、更新時期に一気に退去する可能性も出てきます。

そうなったら、家賃収入よりも支払う不動産ローンの方が上回ることになります。つまり赤字の状態が続いてしまいます。

このようなリスクを抑えるために、入居者の入居時期にバラツキがあるのかどうかを確認しておきましょう。

 

HOME’S不動産投資

 

HOMES不動産投資

出典:見える!賃貸経営 | HOME’S不動産投資

 

「HOME’S不動産投資」ですが、気になる空室率家賃相場などが調べられます。もちろん現地に行って調べることも大切ですが、まずはネット上で簡単に確認できるので便利です。

HPを見ると分かりますが、文字よりも見やすいデータ・図になって表示されていますので、とっても見やすく・使いやすいという特徴があります。

購入する物件の調査にも利用できますし、賃貸物件でも、現在住んでいる自分の物件の相場を確認するのもおもしろいと感じます。

これから賃貸物件に引っ越す場合は、不動産相場を見て値引き交渉するのもいいでしょう。

 

投資利回りについて

 

不動産投資を行う際に指標として利用されているのが投資利回りとDCF法になります。

 

投資利回りの計算式

表面利回り(%)⇒年間収入合計÷総投資額×100

諸経費を引かずに計算します。

実質利回り(%)⇒純収益÷総投資額×100

こちらは諸経費を引いた純収益で計算します。諸経費には減価償却費を含みません。

投下資本収益率(%)⇒(純収益-減価償却費)÷総投資額×100

投資した金額に対する利益の割合を求める計算式です。

 

DFC法

将来発生すると予測できる収益を、現時点での価格に置き換えて不動産の評価額とする方法です。毎年得られるキャッシュフローを現在価値に換算して、初期投資と比較します。

主なDFC法として次の2つがあります。

NPV法(正味現在価値法)

「収益の現在価値の合計-投資額の現在価値の合計」=正味現在価値

 

NPV法

※CIF:キャッシュインフロー

出典:NPV対IRR | 日商簿記独学合格サイト

 

IRR法(内部収益率法)

「収益の現在価値の合計=投資額現在価値の合計」となる収益率

IRR法

 

まとめ

 

これから不動産投資を始めるのであれば、上記の情報が役に立つと思います。ちなみに、私の周りにも2棟のマンションを購入した人がいます。

そこで「物件をどうやって選んだの?」と聞いてみたところ、不動産屋さんに根回しをしたと言ってましたw

確かに不動産屋はネット上には書かれていないコアな情報を知っていますので、付き合えるなら付き合っておきたいところです。

その他にも、中古物件を選ぶにあたってのポイントやリフォームの方法、不動産ローンなど学ぶ必要があります。

また、不動産を購入した後、取引のある業者(掃除・エアコン・ガス会社等)さんとのやり取り(値引き交渉)も重要になってくるので、その辺も考慮して進めていきましょう。

不動産関連ページ

家を売る?それとも賃貸に?知っておきたい不動産の活用術5選!

マンション購入で騙されない!確認すべき6つのポイント!

金利が低い住宅ローン!新規申し込み・借り換えのチャンス!

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

投資用不動産

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 複利でお金を増やす

    複利運用で資産が倍増!?知らないと損するお金の増やし方!

  • 外貨預金

    外貨預金の手数料が安い会社は?FX口座で外貨を所有すべき!

  • 投資信託(ファンド)

    投資信託(ファンド)で資金を増やせ!銀行の金利をあてにするな!

  • 松井一代投資

    運用資産は100億円以上?松井一代の投資先と金運アップ法とは?

  • HSBC香港

    HSBC香港の口座開設をするメリット!増税・円安から身を守れ!

  • NISAで投資信託

    NISAとは投資で得た分配金や売却益が非課税になる制度