1. TOP
  2. クレジットカードの利用限度額まとめ5選!

クレジットカードの利用限度額まとめ5選!

クレジットカード限度額

クレジットカードを作る際に、審査に通過することは重要ですが、限度額が気になると思います。

実際に、カードを申し込んだらどのくらいショッピング枠があるのか、キャッシング枠があるのか気になりますよね?

最近では、カードの申し込みの際に、キャッシング枠を作るかどうかをチェックする箇所があります。

審査に通過することを重視する場合はチェックを入れず、審査に通過した後にキャッシングを申し込みましょう。その他、クレジットカード限度額で気になる点をまとめていきます。

クレジットカードの使い方|初めて作るならどのカードがおすすめ?

 

ショッピング枠は総量規制の影響を受ける?

 

ショッピングで借金

 

2010年6月18日、総量規制に関するすべての規定が施行されました。それまでは段階的に施行されてきたようです。

そこで、クレジットカードによる買い物は、一般的にお金を借りて商品を購入するので、借金と思われがちです。しかし、ショッピング枠に関しては、総量規制対象外のようです。

もちろんキャッシング枠利用した場合、総量規制の対象となります。

 

クレジットカード限度額の引き上げ

 

基本は年収や勤続年数・他社からの借金等によって、最初の限度額は異なります。学生であれば、10万円~20万円といったところでしょうか。

新入社員等であれば、20万円~50万円で設定されると思います。カードとその他の条件によっては、いきなり100万以上の限度額が付帯されるところもあります。

私が新入社員でクレジットカードを作った時は、限度額は30万円ありました。そしていつの間にかキャッシング枠もでき、トータルで50万円の利用枠になっていました。

 

クレジットカード限度額引き上げ

 

カード会社から電話がかかってきて、限度額を上げることに。10年以上前であれば、限度額の引き上げの勧誘は電話が多かったですが、最近では郵送物やメールでの案内が多くなってきました。

カードをふつうに使っていて、毎月きちんと返済していると、限度額を引き上げる案内がやってきます。

 

クレジットカード限度額の引き下げ

 

本気でショッピング

 

限度額を減らす場合は、ご利用のクレジット会社に電話一本かければ減らすことができます。

 

クレジットカードの限度額が大きいと使い過ぎてしまう方は、限度額の引き下げを希望するようです。また不正に利用されることを恐れて減らす方もいるようです。

そこで調べてみると、カード会社によりますが、最高で利用限度額を10万円まで引き下げることができます。

しかし、カード会社からしてみれば、限度額は下げたくありません。

なぜなら、カード会社の立場に立つと、限度額を引き上げて・どんどん買い物をして欲しいと思っているからです。

一括返済であれば利益(手数料)はありませんが、分割3回払いから利益(手数料)が発生するからです。

 

限度額を5万円に?

ネットで調べてみると、限度額を5万円以下まで下げたい人もチラホラいるようです。しかし、調べた限りでは、限度額が5万円以下のクレジットカードはないようです。

たぶんお金をあまり使わない人にクレジットカードを作ってもらっても売上が上がらないからだと思います。

使う側としては、万が一の時にクレジットカードを使える状態にしておきたいということでしょうか?もしくは5万以下なら返済に支障をきたさないということかもしれませんね。

 

クレジットカードの限度額を超えた場合

 

限度額が10万、20万円という場合、限度額を超えてしまうケースってありますよね?たとえば、パソコン、iphone6sでも10万円を超えてしまいます。

基本的には限度額を超えた場合、エラーとなって決済できないはずです。

よく分かりませんが、稀に決済できてしまうこともあるようです。その場合、限度額がいくら残っているのか電話で聞いて、足りない分を現金で払うのがいいと思います。

 

クレジットカード限度額超えた

 

このようにショッピングの場合は、最悪諦めれば問題ありません。しかし、毎月の定期的な引き落とし(電話代・電気代等)が引き落としにならなかった場合はどうすればいいでしょうか?

その場合、電話で聞いてみると、不足分を指定の口座に振り込んで欲しいという指示を受けることもあるようです。通常は受け付けてないと思います。

 

クレジットカード限度額は年収で決まる?

 

もちろん年収によって限度額は決まりますが、勤続年数等にも左右されます。専業主婦やフリーターの方であれば、10万~20万円と言われています。

またカードによって、審査が厳しいものから敷居が低いものまでありますので、どのカードを申し込むかによって限度額が変わってきます。

審査が厳しいカードの例を挙げると、ダイナースやMUFGカード、アメリカンエキスプレスなどがあります。

逆に審査が通りやすいカードとしては、楽天カード、ヤフーカード、学生でも作れるカード、ネットに特化したカードなどがあります。個人的には楽天カードやヤフーカードが便利だと感じています。

※この記事を読んだ人におすすめのトピック

楽天カードの登録・審査・発行!一番お得な申し込み方法

ヤフーカードの登録・審査!Tポイントが日本一貯まる!

クレジットカードの教科書

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

クレジットカード限度額

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

おすすめの関連記事

  • 未成年クレジットカード

    未成年・学生でも作れるおすすめのクレジットカード3選!

  • 毎月50万円使ってみた

    クレジットカードで毎月50万円以上使ってみた結果

  • コンビニで使えるクレジットカード

    コンビニでクレジットカードを利用しないと5000円の損!

  • キャッシュパスポート

    キャッシュパスポートの申し込み!手数料とデメリットは?

  • ヤフオクのクレジットカード

    ヤフオクなどの個人間取引で安全にクレジットカードを使う方法

  • クレジットカードの教科書

    まるで教科書!クレジットカードのお得な使い方・選び方!