1. TOP
  2. 金儲けの天才?ビルゲイツが資産を築けた7つの特徴とは?

金儲けの天才?ビルゲイツが資産を築けた7つの特徴とは?

2015/10/27 仕事・副業
この記事は約 5 分で読めます。 3,038 Views
ビルゲイツ資産

ビルゲイツと言えば、マイクロソフト社の創始者で、世界一のお金持ちですよね?

現在の総資産は約9兆5,000億円とも言われています。

もちろん、生まれた時からお金持ちだったわけではありません。

「世界まる見え!テレビ特捜部」で、ゲイツが資産を築くまでの経緯が紹介されていました。

世界のお金持ち3人の行動と考え方とは?

 

お金を稼ぐビルゲイツの特徴

 

人と違うことがするのが好き

幼少のころから、人と違うことをするのが好きだったようです。そして学校にたまたま置いてあったコンピューターに興味をおぼえます。

しかも体育の授業をさぼってまで、コンピュータールームに通っていたんだとか。

そう考えると日本の教育も、集団行動に重きを置くのではなく、もっと個性に焦点を当てた教育を進めた方がいいのかもしれませんね。

 

先見の明がある

12歳と言う年齢にも関わらず、今後の世の中はコンピューターが人々の生活を変えることを見据えていたそうです。

そしてポール・アレンと一緒に学校の時間割を管理するソフトを作ります。これが学校側に約18万円で売れます。このことで、コンピューターはお金になると確信したそうです。

せっかく入ったハーバード大学を中退し、1975年にマイクロソフト社を設立します。当時、コンピューターは専門的な人しか扱えないものでした。

 

ビルゲイツ金儲け

 

そこで、誰でもコンピューターを動かせるようにするソフトの開発に取り組んでいきます。

 

ビジョンがあった

11人でマイクロソフト社を設立したものの、もちろん初めは仕事なんてありません。

しかし!社員に向かって「今後どうやってマイクロソフトが世界を乗っ取っていくのか」度々説明したそうです。

頭の中でこうやっていく!というビジョンがあったのかもしれませんね。よく「思考は現実化する」という成功哲学がありますが、まさにその通りなのかもしれません。

お金を引き寄せる!金運をアップさせる方法【まとめ】

 

自ら1番働いた

会社に毎日寝泊まりするほど働いたようです。自分の好きな事って、寝る暇を惜しんでやってしまいますよね?そんな感じだったのかもしれません。

 

チャンスをつかむ

1980年に、マイクロソフト社にビッグチャンスがやってきます。IT業界のIBMから、パソコンを動かすソフトを求められます。

現状では、ソフト開発に成功していなかったようですが、「できます!」ハッタリを言います。ここでビッグチャンスを逃したくない!という思いがあったようです。

ここで窮地に立たされるかと思いきや、ティムパターソンから完成されたソフトを約1,000万円で買取ります。

つまり、IBMが欲しがっているソフトを1,000万円で手に入れたことになります。

金持ちになるにはきっかけが必要?成功した金持ちの体験から学べ

 

ビジネスの仕組みを考えた

ふつうにIBMにソフトを売ってしまってはいけないと思ったそうです。なぜなら、たとえ数10億円で売れても、後がないからです。

そこで、このソフトを組み込んだパソコンが売れるごとに約600円もらう歩合制の契約を結びます。ゲイツは、もっとコンピューターが世界中に広がることを想定していたようでした。

 

ビジネスの仕組み

 

その結果、1,000万円で買い取ってからわずか3年で、約230億円の経常利益をたたき出します(個人資産は160億円に)。

 

手段を選ばない

 

今の時代、WinWinな関係が強調されていると思います。しかしゲイツの取った行動は、相手を潰していくスタイルでした。

 

アップル社

アップルと聞くと、あのスティーブジョブスの会社ですよね?

ゲイツは自らアップル社に出向き、いろいろと技術を盗んだようです。しかも当時のマッキントッシュを購入し、自社のエンジニアに分析させます。

その結果ウインドウズを完成させ、マッキントッシュの半額で売り出します。ご存じの方も多いと思いますが、ウインドウズは世界中で飛ぶように売れます。

その結果、アップル社を大きく引き離します。ウインドウズ95に関しては世界中で1億本売れ、ビルゲイツの個人資産は1兆円を超えます。

 

ネットスケープ社

インターネット事業には出遅れていたものの、インターネットエクスプローラーを開発し、無料で流通させます。その結果、ネットスケープ社は倒産してしまいます。

 

まとめ

 

現在は慈善団体を作って、貧困や病気の子供たちの手助けをしてるようです。

それにしても、ビジネスはWinwinのイメージが強いですが、ゲイツは相手を潰していくやり方を取っていたんですね。

このような経緯で、スティーブジョブスと仲が悪いと評判になったんだと思います。

先見の明やチャンスを掴むというのは当たり前ですが、やっぱりソフトを安売りせずに・しっかりとしたビジネスの仕組みを考えたことがよかったかもしれません。

ただし、それも先見の明がなかったら分からなかったかもしれません。

お金を引き寄せる方法

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

ビルゲイツ資産

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ワールドベンチャーズ

    知り合いが始めた旅行MLMのワールドベンチャーズの仕組みとは?

  • タイムチケット

    空き時間を活用してお金を稼げるタイムチケットとは?

  • 副業バイト

    主婦でも未経験者でもできる!私も知らなかった副業バイト8選!

  • コインパーキング

    コインパーキング経営は稼げるの?初期費用やランニングコストは?

  • 個人事業主の確定申告

    個人事業主として5回目の確定申告!気になる消費税はいくら?

  • ヒカキン

    ヒカキンの年収は?気になるユーチューバーの収入はいくら?